ともに生きる横浜 ともに創る世界

特定非営利活動法人 ビラーンの医療と自立を支える会(HANDS)

  • HOME »
  • 特定非営利活動法人 ビラーンの医療と自立を支える会(HANDS)

ブース番号:一般B14
出展日:2019年10月12日(土)、13日(日)

★活動概要★

団体活動概要: 先祖伝来の地で民族の伝統文化を継承し、持続可能な収入向上の手段を得て、社会的経済的自立を目指すフィリピン・ミンダナオ島先住民族を、医療、教育、農村開発、環境保全、女性自立計5分野の支援事業により支えるとともに、国内では、多民族共生社会の形成に寄与するため、各種イベント参加や季刊会報の発行、また、ホームページを通じて、広報啓発の活動を行っている。

★来場者様へのメッセージ★

かつて豊かだった森に自生していたアバカの繊維を素材とし、キナルムの葉やロコの根で黒や赤色に染めて手織りしたミンダナオ島先住民族チボリやビラーンの伝統織製品、バッグや縫製小物は、軽くて丈夫と、ご高齢の方への贈り物としても喜ばれています。
先住民族女性の有力な収入源でもあるこれらの伝統織製品をぜひどうぞ。

★SDGsへのコミット★

      

★SDGsに関わる取り組みや今後の展望について★

35年前に出会ったミンダナオ島先住民族は、その6割が日本向けというラワン材乱伐で生活基盤の熱帯林を失い、山腹斜面に残る灌木の焼畑で糊口をしのいでいました。熱帯林の完全消失や土壌侵食を防ぐため、私たちは2002年度から、在来種植林と傾斜地農法による各種樹木作物栽培からなるアグロフォレストリー普及に努めてきました。持続可能な収入源を得た山の住民は、焼畑による新たな森林破壊に加担することもなくなりました。ささやかでも気候変動対策に貢献できるように、今後も活動を続けたいと思っています。

★SDGsについて来場者に伝えたいこと★

大量生産、消費、廃棄社会に住む私たちは、たった一つ生活習慣を見直すことでもSDGsに貢献できますが、同時に、開発途上国において、教育、医療、環境保全他の活動を行う市民組織への物心の協力を通じて、持続可能な世界の実現に向けたさらなる手助けができます。フェスタ参加団体の活動に触れて、関わりたいことをぜひ見つけてください。

この出展団体の詳しい情報は・・・♪

特定非営利活動法人 ビラーンの医療と自立を支える会(HANDS)
http://hands-mindanao.a.la9.jp/index.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

 

<参加団体リスト>
参加団体リスト全日程はこちら

各日の出展リストは下記のページからご覧ください
 →参加団体リスト10月12日(土)
 →参加団体リスト10月13日(日)
 →参加団体リスト10月14日(祝・月)

※随時情報を追加いたします
※ブース番号等変わることがあります

 

 

ステージプログラム

知ってる?SDGs!

 

[コンテンツ]
e-vo_online_signup_01

 

[広告協賛募集]

広告協賛していただける企業様・団体様を募集中です。

 

PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.